マリソンホームのパッシブデザイン

今の家は断熱性が高く、暖かくて涼しい?

住宅を新築してから後悔する項目は何だと思いますか?

20年以上経った家でも10年未満の家でも、後悔する項目の1位は「収納、間取り」、2位が「寒い/暑い、風通しが悪い、暗い、結露」となっています。しかも、1位と2位は3位以下を大きく引き離しています。

1位の「収納、間取り」は、10年未満の家に住まわれる方で約7割の方が後悔されています。
2位の「寒い/暑い、風通しが悪い、暗い、結露」は、新築から時間が経つにつれて不満を感じる方が増えています。10年以内に新築をされた方でも、実に4割の方が不満を持って生活をしていることになります。

このページをご覧頂いている方の中にも、暑さ、寒さに対する不快感を抱いている方は多いのではないでしょうか。

「寒い/暑い、風通しが悪い、暗い、結露」という項目は、専門的で難しそうに感じるのか、プロであれば一定レベルで実現してもらえると考えているのか、家づくりを進めていくときにあまり話題にはなりません。しかしこのアンケート結果でわかるように、この項目で後悔している人は意外に多いのです。
間取りやデザインが思い通りだとしても、夏に暑く、冬に寒い家では快適に過ごすことはできません。完成してから後悔しないように、打ち合わせの段階でしっかりと考えていくことが大切です。

パッシブデザインとは

快適な住まいづくりのために、機械に頼らず、太陽光・熱・風といった「自然エネルギー」をそのまま利用する設計思想・設計手法のことを言います。冬はあたたかく、夏はすずしい室内を、自然の光や風を上手に活用して実現するため、電気やガスなどへの依存率が減少します。

建物そのものが、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを創りだしてくれます。

パッシブデザインで行う5つの項目とバランス

1.断熱

機械に頼らず、太陽光、熱、そして風といった「自然エネルギー」をそのまま利用し、快適な住まいづくりをしようとする設計思想・設計手法のことを言います。自然の光や風を上手に活用し、室内を冬あたたかく、夏すずしくするため、電気やガスなどへの依存率が減少し、省エネでありながら快適で健康的な暮らしを実現することができます。建物そのものが快適性を生み出します。

2.日射遮蔽

「夏は涼しく」を実現するために、何より重要なのが日射遮蔽です。

ポイントは、窓から入る日射を最大限に少なくすることです。このポイントをしっかり押さえることで、より冷房エネルギーや夏のエアコン代を削減することにつながります。

3.自然風利用

身体に風が当たると涼しいと感じますが、その効果を取り入れた手法です。また、建物の中にたまった熱を排出させる働きもあります。

自然風利用のポイントは「外気温が低い時に風を取り入れる」なので、真夏は夜間に、その前後の季節は日中も夜間も行うことで、より有効になります。

4.昼光利用

昼間の太陽光をそのまま光として利用し、人工照明に頼らず、室内を明るくする手法です。

居室にはできるだけ2面以上の採光が取れるように設計します。また、1階南面から採光が難しい場合には、吹抜けなどのプランなども計画します。

5.日射熱利用暖房

冬場、断熱性と蓄熱性を一定以上に高めた建物において、窓からたくさんの太陽熱を入れ、蓄えられた熱を夜間の暖房として使う手法です。

「集熱」「断熱」「蓄熱」この3つのバランスをうまく整えることで室温変動が小さくなり、快適性が向上し、暖房エネルギーの削減につながります。

パッシブデザインで何より重要なのが、この5つの項目の“バランス”を考えることです。家を建てる地域によってそれぞれの重要性や求められるレベルは変わってきますし、敷地条件によってもこれらのバランスは変わってきます。

たとえば、愛知県であれば冬も日射量が多く、夏も暑くなるので、その特性を考えた設計が必要です。また、南側に日射を遮る建物があれば、冬の日射取得は期待できませんので、その点も考慮しなくてはいけません。

断熱性を高めるだけの家づくりは簡単ですが、高断熱にすると夏に暑くなることを理解して、日射遮蔽や自然風利用をしっかり考えながら設計を進めていくのが、本来のパッシブデザインなのです。

パッシブデザインにも様々なレベルがあります

「ヨーロッパ型の高断熱・高気密住宅がパッシブデザイン住宅である」と勘違いしている会社があります。
逆に、「日本の伝統的な住宅こそがパッシブデザインに優れた住宅である」と誤解している人もいます。

先ほども述べたように、すべての季節を考え、地域に合った住宅を考えていくのがパッシブデザインですから、日本と気候が大きく違うヨーロッパ型の家づくりをそのまま持ち込んでもうまくいくとは限りません。
また、確かに日本の伝統的な住宅は軒が深く、窓が大きいことで風通しがよく、夏には優れているかもしれません。しかし、断熱性能という面では極めて不十分であり、冬がとても寒い住まいになってしまいます。

「断熱」「日射遮蔽」「自然風利用」「昼光利用」「日射熱利用暖房」のすべての項目が、バランスよくしっかり考えられたものがパッシブデザインなのです。

また、パッシブデザインが注目されることでウィンドキャッチャーや蓄熱土間を採用するところが増えてきましたが、そうした“パッシブデザインらしいもの”を取り付けても優れたパッシブデザインになるとは限りません。設計段階でしっかり温熱計算やシミュレーションを行うことで、パッシブデザインが目指す「快適・健康・省エネ・省光熱費」の実現が可能になるのです。