よくあるご質問

  • 新築
  • リフォーム
工事の際、近所への挨拶まわりなどはしていただけますか?
はい、させていただきます。
工事自体も、近隣の方へご迷惑をかけないように進めていきますので、ご安心下さい。
アフターフォローやメンテナンスはやってくれますか?

はい、行っております。

細かな項目に分け、定期的に点検いたします。メンテナンスの必要な箇所があれば、その都度ご説明の上、対応いたします。点検項目、有料項目、保障期間などの詳細については、右のPDFデータでご確認ください。
※クリックすると拡大します。

見積もり依頼や、見学会・セミナーへの参加をしたら、契約しなければいけませんか?
いいえ、そんなことはありません。
私たちのご提案が、お客様のご要望に合った場合にご契約いただければと思います。合わないと感じたら断っていただいてかまいませんし、不明な点、不安に感じる点があれば、ご納得いただけるまでしっかりと説明いたします。家づくりでお悩みであれば、まずはお気軽にご連絡ください。
ローンの相談や税金についても詳しく知りたいのですが。
お気軽にご相談ください。
毎月開催している見学会で、「資金計画セミナー」も開催していますので、そちらにご参加いただくこともおすすめです。
新築では建築工事以外にどんな費用がかかりますか?

地盤の調査費や印紙代、登記費用、地鎮祭の玉串料、ローン手数料、保証料、引越し費用、仮住まい費用、水道引き込み料などが考えられます。

お客様の状況により、かかる費用やかからない費用がございますが、当社で目安の金額をご提示しお客様のトータルでの資金計画をサポートいたします。家づくりの資金について不安のある方はぜひ、毎月開催している見学会の「資金計画セミナー」にご参加ください。

新築の相談をするにあたって、何か準備しておく必要はありますか?

土地や既存の建物がある場合は、それらについての資料をお持ちください。その他には特にご用意いただくものはありません。土地が無くても構いません。土地探しから協力いたします。

どのような家で、どのような生活がしたいのかという漠然としたイメージから、打ち合わせは始まります。まずはお気軽にご相談ください。

土地が狭くても大丈夫ですか?
注文住宅だからこそ、ケースバイケースでの対応が可能です。
狭小地や変形地でも、見方を変えればその個性を活かした家づくりができるのです。土地の広さ(狭さ)よりも、その土地への法的規制がネックになることもありますので、土地をお持ちの方は、ご相談の際に資料をお持ちいただければと思います。
見積りに料金は掛りますか?
いいえ、見積もりは無料です。
ただし、地盤の調査や内部の状況の確認等、特殊な機械を使わなくてはならない場合は、その部分の費用が有料となります。その場合は、調査費用をお客様に事前にお話し、了承を得たのちに行ないます。
以前住宅ローンを断られたことがあるんですが・・・

住宅ローンが組めない=金融機関の審査に通らないことには、いくつかの理由が考えられます。
しかし、それで家づくりをあきらめるのはもったいないです。

マリソンホームでは、以前断られた方でも住宅ローンを組める方法をお伝えしています。お気軽にご相談ください。

職人さんが3人だと、手が足りずに大雑把な仕事になりませんか?

一棟を建てるのには職人3人で充分足ります。少人数だからこそ、指示にズレが生じることもありません。

ですが、私たちは一棟一棟にこだわるために、一度に複数の現場を見ることはいたしません。そのため、年間6棟に限定してご依頼を受けています。

リフォーム工事は、住みながらでもできますか?

はい、一戸建てでもマンションでも住みながらで大丈夫です。
大がかりなリフォームの場合でも、部屋毎や1階と2階に分けて工事するなどの対応をいたします。

ただ、水廻り等の工事では、数日間キッチンやお風呂が使えなかったりなどのご不便もおかけします。予めご了承いただければと思います。

どんな小さなリフォームでも、住まいの事なら何でもやっていくれますか?
はい、行います。
マリソンホームは小回りのきく会社です。
小さなことから大きなことまで、住まいのお悩みはお気軽にご相談下さい。
リフォーム工事料金はカードで支払えますか?
申し訳ありません。カードはお取り扱いが無く、現金払いのみの対応となります。
築後何年くらいでリフォームや機器の取替が必要になりますか?

内装、外部、住宅設備機器等また、使用材料によっても異なります。
以下、大まかな目安をお答えします。

キッチン、浴室、トイレ、洗面所などの住宅設備機器はおよそ15年~20年ごと。給排水管、ガス管などもチェックしてあわせて取り替えられるといいでしょう。

塗壁、ビニールクロス貼替、カーペット、フローリングの貼替はおよそ10年~15年ごと。

外壁の塗替え(吹付けタイル工法)はおよそ10年ごと。現在は、高耐久性の塗料や上から重ね貼りできるサイディング等、種類も豊富です。工事の際に耐久性や予算を考慮して検討されるといいでしょう。

屋根の塗替え(葺き替え)はおよそ10年~15年ごと。材料により異なります。屋根の場合は、割れの補修や樋の取り替えなども必要です。また、重ね葺きできる 高耐久の金属屋根材などもおすすめします。

ページトップ